東京都鍍金工業組合 新城南支部

平成30年5月 第12回城南支部定時総会

城南支部 第12回定時総会

城南支部は511日(金)午後630分より大森東急REIホテルに於いて第12回定時総会を開催した。

山田浩司氏の司会により、支部員34社のうち出席13名、委任状15名、合28名で、過半数を超えており総会が成立することを報告した。

坂手保弘支部長は「来年、大田支部と合併するので、城南支部としては今回で最後となる定時総会を始めたいと思います」と開会の挨拶をした。

議長は司会者一任により高倉利守相談役を選出して議事に入った。

1号議案   平成29年度事業報告の件 大村功一郎氏

2号議案   平成29年度決算報告の件 板倉 宏和氏

3号議案   監査報告の件 伏原 明人氏

4号議案   平成30年度事業計画案の件    大村功一郎氏

5号議案   平成30年度予算案の件        板倉 宏和氏

6号議案   大田支部合併報告の件

坂手支部長から下記の内容の話があった。

・大田支部との合併に向けて、本部との足並みを揃えて行かなければならない。

各委員会(広報、環境、技能教育)や理事の人数であるとか、こちらで勝手に決められないので、本部に話をしに行かなければならない。

・お金の問題は、大田と城南で城南の方が多いので、その差額は品川と城南が合併したときのように、旧城南支部にプールしたいと考えている。

・新しい支部名は新城南支部という案が出ている。

☆会場にいる参加者からは、お互いに相手の支部の事は良く分からない。

常任理事や支部長は、一期だけ二人体制にした方がスムーズな合併が出来るのではないかと意見があった。

7号議案   その他

坂手支部長は「議案ではないが事務局の加藤さんから娘さんに引き継いでいくのだが、自分達でもサポートしていかなければならない」と話があった。

参加者からは「来年の青年部の50周年記念行事で予算をオーバーするケースがあるので、支部としてその時の事を考えておいた方がいいと」と意見が出た。

各議案の内容は担当役員が説明しそれぞれ異議なく承認され、原田富勇樹氏の閉会の辞で終了した。

城南・大田連合支部 合同懇親会

その流れで7時より城南・大田連合支部の合同懇親会に移る。

池谷友之氏の司会により、来賓として組合本部の神谷博行理事長は「本日は

城南・大田・連合の総会が無事終了しおめでとう御座います。

日頃は鍍金組合の活動におかれまして、ご協力有難う御座います。

先程、連合の総会で余ったお金は、政治研究会に寄付して欲しいといった。

何時もは大田の総会に最後までいるが、何となくお金の関係で今回は城南に

行かせてもらった。何百万か政治研究会に入れてもらえると期待している。

私は2日前に関東鍍金健康保険組合の理事長も兼任することになったので

併せてお願いしたい。

景気の方は昨年の売り上げからすると5%位上がっている。そして全国は

3%位上がって推移している。

都道府県別鍍金組合の売上高で、昨年2位の大阪が今年は1位になった。

1位だった愛知が3位に落ちて、3位にいた東京が2位に上がった。

大阪との差は何十億円なので、ひとつ皆さんの協力を得て1位なろう」

と挨拶した。

続いて、衆議院議員の平将明先生・松原仁先生をはじめ、都議会議員の先生方々から祝辞を頂いたあと、東京都鍍金工業組合の大村功作名誉顧問は「城南・大田支部の発展と皆様のご多幸、ご健勝を祈念して」乾杯の音頭をとった。

懇親会は和やかに進められ、高倉利守相談役の中締めで終了した。

PAGE TOP